ひなろじのオタクは全員OPの歌詞の考察をしろ

TVアニメ「ひなろじ ~from Luck & Logic~」見ましたか?良かったですよね!
f:id:cheikii:20171015233142j:image
OP映像も普通のものと違って、コマ撮りの撮影がなされていました。(参考:製作レポート)

さて、OP曲「BUTTERFLY EFFECTOR」の話をします。

 

TVアニメ『ひなろじ~from Luck & Logic~』OP主題歌「BUTTERFLY EFFECTOR」

TVアニメ『ひなろじ~from Luck & Logic~』OP主題歌「BUTTERFLY EFFECTOR」

 

 このOPを初めて聴いたとき、「?」と思った人もいるんじゃないでしょうか。バタフライエフェクトって言ったらあれですよ、ブラジルで蝶が羽ばたいたらテキサスで竜巻が起こるっていう、あるほんの小さな行動が全く予想できない大きな結果を引き起こすというあれです。(参考:バタフライ効果のWikipedia)

……ぶっちゃけ、このタイトルなら「ようこそ実力至上主義の教室へ」のOP「カーストルーム」にも当てはまる気がします。歌い出しが「キラリ蝶が飛んでった 砂埃が大地に舞う」なので。

 

 この違和感、TVサイズでは分かりません。フルサイズを聴くとこの曲が何を言いたいのかがわかると思います。要するに、

・今しか出来ないことをやろう

・どんな経験も無駄にならない

ということ、そしていちばん最後の曲名を回収する歌詞でのメッセージが最初の歌詞と呼応していて、

・刺激がないなら自分から動こう、いるかもわからない誰かのために先陣を切ろう

ということを言っているんですね。良い歌詞だと思います。

 

 

もちろんこれで終わりじゃないですよ?このメッセージとアニメ本編のつながりについてです。ここから先はアニメを見た前提で話を進めていきます。なのでネタバレ注意ですよ!!

 

このアニメのメインの登場人物はリオンとニーナなんですけど、2人は同じ寮で学園生活を送りながら友情を育んでいくんですが、この2人の関係性は他の多くのアニメで見られるそれと少し違う部分があります。それは、お互いが別々の悩みを持っていて葛藤があり、それが交差しないという点です。具体的に言うと、リオンは合体状態時にその盟約者の持つ影響を多大に受け、自我の確立に不安があること、ニーナは一刻も早くALCAに戻り、前の仲間たちと共に戦う日々に戻ることを目標にしていることがあり、これが10話まで並列している状態で話が進みます。

このOPを聴いていると、むしろ主人公はニーナのような気がしてきます。ニーナは目の前の敵と戦う日々を送っていただけなのに、その活躍がTV放映され、遠い異国のリオンに多大な影響を与え、結果としてリオンはニーナの元へやってきました。ニーナはこの結果を全く予想していなかったはずです。そのニーナが無意識にリオンに与えてきた影響こそがバタフライエフェクト……?という意識を持ちながら最終話を見ました。

いやー凄いですね、かなり衝撃を受けました。

こちらの期待に応えて、さらにそれを上回ってくるストーリーの素晴らしさがそこにありました。要するに、ニーナも無意識にリオンの影響を多大に受けていたということです。1話の出会いに始まり、お花見、定期試験、年越し、その他諸々のイベントでニーナも最初の印象から大きく変わりましたが、その変化に最初は僕は気づきませんでした。

2人のうちどちらの視点で見るかでこのアニメの感想は大きく変わると思います。しかし、そもそも2人の視点で独立して話が進んでいくというこのスタイルこそこのアニメの素晴らしい点なのではないか、そういう風に思います。

いやもっと素晴らしい点は沢山あるんですけどね。変身シーンや戦闘の作画もそう、万博の野望や瑞希の想いや、それらをすべて吹き飛ばす11話とか……

人の金で帯広に行きたい!

 帯広に行ってきました。帯広といえばなんですか?そうですね。アニメ「ひなろじ」の舞台です。

 
f:id:cheikii:20170821221905j:image

実際には隣の幕別町のようですが。一応聖地巡礼の記事ですが、あんまり時間がなくて街の様子や駅などは写真が撮れていません。Googlemapでカバーしようかなと思います。(追記:GoogleMapはガタガタで見るに堪えなかったのでやめました。幕別駅はピラリ駅とそっくりなので気になる人は行ってください。あとスクショは1話のしか用意できませんでした。)

明野ヶ丘公園。この中にピラ・リという建造物があります。作中ではピラリ学園という学校で、主人公たちが通っています。
f:id:cheikii:20170818201603j:image

いざ。

f:id:cheikii:20170820193806j:plain

f:id:cheikii:20170820193733j:plain

こちらがピラ・リです。解説プレートを読んでもらえばわかりますが、ピラ・リはアイヌ語で「偉大なる崖」という意味だそうです。

 

作中ではこんな感じ。

 
f:id:cheikii:20170828232813j:image

流石に学園なので規模は段違いですが、何となく雰囲気は似てると思います。下のほうにあるアーチ状の入り口が並んでいる部分は別角度から見た写真に似ているかと。別角度からの写真はありません。

横の東屋は最初にニーナが読書をしている場所ですね。


f:id:cheikii:20170828234639j:plain

実際の公園にも隣に東屋がありますが、見た目はかなり違いますね。

 

 

f:id:cheikii:20170820193644j:plain

f:id:cheikii:20170818202014j:plain

内部はこんな感じ。

 
f:id:cheikii:20170828232843j:image

別の建物ですが学園長室の内装がこんな感じでしょうか?

 

f:id:cheikii:20170818201935j:plain

屋上からの景色はこんな感じ。これはどこを比較すればいいのやら……という感じです。

 

帯広に行った目的がそもそも聖地巡礼ではないため時間は少なく街も見れていないのでこんなところです。ひなろじの感想も記事にしてもいいんですけどひとまずここまでで。

雑なギャグ漫画で軽率に笑いたい

高橋さんが聞いている。 1巻 (デジタル版ガンガンコミックスJOKER)

 高橋さんが聞いている。の1巻を読んだ。ポイントが余ってたのと半額だったからだ。

 面白かった。表紙の高橋さんは後ろの男子2人の掛け合いの盗み聞きが趣味で、バレないように心の中でツッコミを入れる、という内容だ。


f:id:cheikii:20170709001802j:image
f:id:cheikii:20170709001809j:image
 掛け合いとツッコミもそうだが高橋さんの挙動がエスカレートしていくのもいい。面白かった。

調べたらPixivコミックに一部公開されていたので読んでみてほしい。https://comic.pixiv.net/works/672

 

ドミノキック 並べられたドミノをキックしたらどうなるのかしら? 1巻 (デジタル版ガンガンコミックスONLINE)

 ところで雑なギャグ漫画は他にもある。ドミノキックという漫画で、こちらもニコニコ静画で読むことができる。http://seiga.nicovideo.jp/comic/4547 読んでみたらコミックス版とは違う話だった。漫画家ってすげぇや。


f:id:cheikii:20170709003734j:image

 こういう漫画です。(実際共感できるんだよな)

 

単話完結で時事ネタやネットネタを含むギャグはちょっと敬遠する自分がいるけどめちゃくちゃ楽しめる自分もいて難しいんだよなぁ~

 

上野さんは不器用 1 (ヤングアニマルコミックス)

上野さんは不器用も紹介しようと思って読み返したけどちょっと恋愛、セクシャルな要素を含むギャグだったのでまたの機会に。

 

飽きたので終わります。

 

(追記)


f:id:cheikii:20170709012414j:image

完っ全に忘れてた。空気人形と私です。http://www.tonarinoyj.jp/manga/dutch_wife/

 なんだこのURLは……

1ページに5個は下ネタが入ってると思ってください。厳重注意。でも面白いんだよな~~!!

 

以上。

行者口~行者山~剣尾山~るり渓温泉

f:id:cheikii:20170529101630j:image

 

 という訳で大阪府能勢町、剣尾山に登ってきました。いつだっけ、今月の初めだったと思います。


f:id:cheikii:20170529102001j:image

 すごく……平均的な田舎道にあるこちらのバス停からスタートです。1日2本しかバスがありません。

 

 道中「杜のテラス」(http://mori-no-terrace.com)というおしゃれなキャンプ施設があり、今貼ったリンクもすごくおしゃれなホームページでびっくりしたんですが、
f:id:cheikii:20170529102819j:image

ロゴがうんこにしか見えへんやん!!って友達と2人で爆笑しました。ごめんなさい。2人とも成人男性です。何やってんだか。

 

 まずは行者山に向かいます。例によってあんまり写真はありません。
f:id:cheikii:20170529103340j:image
f:id:cheikii:20170529103412j:image

でかい岩。仏様が彫られています。行者というだけあって仏教徒の修行の場だったのでしょう。看板にもそんな感じのことが書かれてたような気がします。


f:id:cheikii:20170529103713j:image

 行者山山頂。あんまり山頂っぽくありませんが、でかい岩が飛び出てるので景色はきれいです。

 

 まだまだ進みます。

 


f:id:cheikii:20170529105840j:image
f:id:cheikii:20170529105843j:image

 剣尾山山頂。マジで写真ねぇな。山の斜面が緩やかで、木の数も少なくオープンワールド感がありました。

 

 その後なんやかんやでるり渓温泉に到着。湯に浸かってシャトルバスで日生中央まで帰ってきました。終わり。写真がないと本当に書くことがないっすね

漫画の話(刊行中)

・ぱらのま

ぱらのま 1

・おへんろ。

おへんろ。寄り道コミック!  徳島編 (ファミ通クリアコミックス)

・ゆるキャン△

ゆるキャン△ (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

少女終末旅行

少女終末旅行 1 (BUNCH COMICS)

 そのうち追記します。以上!

漫画の話(3~6巻完結)

 続いて3~6巻完結です。

●3巻

・麻宮さんの妹

麻宮さんの妹 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

 人類の技術が衰退した世界で姉を探して旅をしている少女の物語。世界観がすごい。ホントにきらら系?最後の方駆け足気味だったのはまぁ……しょうがないね。

 

・夕焼けロケットペンシル

夕焼けロケットペンシル 1<夕焼けロケットペンシル> (コミックフラッパー)

 実は3巻まだ読んでないんですよ。という事で読んだら追記します。でも最高の漫画なので覚えておいてください。

 

・弁天ロックゆう。

弁天ロックゆう。 (1) (カドカワコミックス・エース)

 音楽を漫画で表現するのって難しいですよね。ギターに関して天賦の才能を持っているけどコミュ障な女の子が遺物の作りかけの楽譜を完成させるために奮闘する話。でも本質は「友情を取り戻す」みたいなところにあると思っています。特に2巻、青春の勢いってスゲーってなります。

 

●4巻

とっかぶ

とっかぶ(1) (アフタヌーンコミックス)

 最高。最っっっっっっ高です。特別課外活動部という実質的な不良生徒の更正の場に集まった3人の話で、もうほんとこの漫画だけで記事一つ書いてもいいくらい最高です。ちょっと今はスタミナがないんですけどね。部のメンバーだけでなく全員にしっかりした信念があって、その信念の元に行動している。いやもうでも最高ポイントまとめあげるとネタバレだらけになっちゃうんで。最高です。

 

・リコとハルと温泉とイルカ

リコとハルと温泉とイルカ 1 (電撃コミックス)

 うーん、省略!

 

・セカイ魔王

セカイ魔王 1巻 (まんがタイムKRコミックス)

 ここまであんまりファンタジーを扱っていませんでしたね。魔王が主人公で、いかにして勇者に殺されなくてもよくなるかを模索する話です。かなりたくさんのキャラが動く群像劇に近い作品ですね。

●6巻

・オシエシラバス

オシエシラバス 1巻 (デジタル版ヤングガンガンコミックス)

 参考書から家庭教師が現れた!?っていう話。この表紙の教江さんは生まれながらの家庭教師なので遊ぶことを知らないんですけど、それを主人公のまといと少しずつ学んでいくという話です。

 

・タッコク

タッコク!!!(1) (少年サンデーコミックス)

  卓球告白法!それは男女が交際する場合、相手に卓球で勝たなければ付き合うことができないという法律である!!馬鹿なんじゃないの??はい、実際馬鹿みたいな漫画です。でも面白いからいいよね。僕自身あんまり卓球の経験がないのでよくわかりませんが、実際の卓球には応用できないかなって思います。でも面白いからいいよね。

 

あとは現在刊行中のを紹介して終わりかな。

漫画の話(1~2巻完結/短編集編)

 

ONE PIECE・・・現行85巻

NARUTO・・・完結72巻

こち亀・・・完結200巻

 

 

 世の中いろんな漫画がありますよね。僕が漫画集めにハマったのが去年の今ごろなのでまだまだにわかなんですが、「GWにオススメ漫画ブログにアップするぞ!」と友人に公言してしまったのでとりあえず記事にします。まずは手始めに1巻2巻で終わっているものから。集めやすいし読みやすいし、上記の漫画とは違った良さがあると思います。

 

 あくまでもこれは僕が買って持ってる本なので、ここに載ってない面白い漫画があれば教えてください。

 

●短編集

 

 ・める子シリーズ

だいたいめる子 (WANIMAGAZINE COMICS SPECIAL)

それでもめる子 (WANIMAGAZINE COMICS SPECIAL)

  ……これ完結してなくない?今回の趣旨から外れてない?まあいいや。

 かなりアダルトな下ネタが強い回もあるので人を選ぶとは思いますが、勘違いギャグだったりあるあるネタだったり、なんだろう、「こんなもん絶対笑うに決まってるやろ!」みたいな。作者は人を笑わせるのが上手い。

 

まがりひろあきのじゆうちょう

まがりひろあきのじゆうちょう (シリウスKC)

  短編集はその話によって好き嫌いが分かれるものであって、僕ももちろんこの漫画のすべてが好きというわけではないので難しいところですが。「TAS子さん」「不思議惑星コピ・ペ」が好きです。特にコピ・ペはその設定とオチだけで他の漫画とも肩を並べられる傑作だと思っています。

 

・現代魔女図鑑(2)

現代魔女図鑑: 2 (REXコミックス)

  結構有名だと思います。5巻で完結してるらしいんですけど僕は2巻までしか読んでなくて、いや本来こういう記事を書くなら最後まで読むべきってのもわかるんですけど、やっぱり短編集は読まなきゃわからないってのがあって手が出しづらいんですよね。でもこの2巻。なんなら1巻はいいので2巻の「或る魔女たちの部活動」だけでも読んでください。

 ホウキを魔法陣で飛ばす「魔法ロケット(通称まほロケ)」がスポーツとして認められている世界で、まほロケに青春を燃やす少年とそれを応援する少女の物語なんですけど実際にはもうちょっと複雑で、意識のすれ違いもあるけどそれを解消していこうとする、という話です。伏線の張り方がうまい、あれもこれも伏線だらけで、つまり話が収束する感じが伝わってくるし、絵のうまさ、構図やコマ割りや背景などクライマックスの迫力がスゴいし人間関係も丁寧に描写している素晴らしい短編なんですよ。すごい。

 

 

●1巻完結

・深海ランデブー 

深海ランデブー (IDコミックス REXコミックス)

 表紙の女の子はダイオウグソクムシです。お願いですから引かないでください。人間とダイオウグソクムシの歪な恋愛を描いた漫画なんですけど、グソクムシには恋愛とかいう感情がないんですね。それでもグソクムシが好きな主人公はある決心をする。綺麗な短編だと思っています。WEB漫画なのでここで全部読めるんですけどね。

 

1巻完結は他にも我らひとしくギャルゲヒロイン、なつゆらぎ、逢刻町そらそれ、彗星★少年団とかあるんですけど、変に厳選した結果こうなっちゃいました。

ぶっちゃけ書くの飽きてきたので次行きます。

 

●2巻完結

・NKJK

NKJK : 1 (アクションコミックス)

 友人を死から救い出すために笑いを研究する話。めちゃくちゃシリアスなのに笑えるすごい漫画です。笑いか死か、という状況ってかなり珍しいと思うんですけど、そんな状況でどう運命に立ち向かっていくのか、みたいな。かなり心にきます。

 

・ほしのうえでめぐる

ほしのうえでめぐる 1 (BLADE COMICS)

 短編集といえば短編集なんですけど、それぞれの話が根本で深く結び付いているのでこっちにカテゴライズさせてもらいました。それぞれの恋愛模様もいいんですけど、根本で何が起こっていたのか?考えてしまう。楽しいです。というかこれバックグラウンドが壮大でよく2巻に収めたな、という感じがします。僕はそれぞれの話が繋がってる短編集が大好物なのでオススメがあればぜひ教えてほしいです。阪急電車(小説)みたいな。

 

・しままん

しままん(1)<しままん> (角川コミックス・エース)

  これ、よくある日常系かな?って思っちゃうんですよ。あらすじだけ読むと。
f:id:cheikii:20170506100321j:image

 ミステリーです。ただミステリーのなかでも日常の謎と呼ばれるジャンルの、さらに謎成分を薄くしたような感じですが。ぶっちゃけキャラがかわいいとかそういうだけでも十二分に楽しめると思います。

 

・まじめな時間

まじめな時間(1) (アフタヌーンコミックス)

 交通事故で死んだ女子高生が成仏するまでの話。重いテーマを時にポップに、時にスリリングに、時にシリアスに描いた名作です。

 

 

 

 以上!飽きてきたのでとりあえずここまで!